不動産取引にかかる仲介手数料の算出法

そうだったのか仲介手数料の算出法と現実

仲介手数料はこうして算出します!

個人で100%、不動産を売買できれば仲介業者も使わないので手数料は必要ありません。 不動産の売買はとても複雑で面倒な申請や契約、法的な手続きなどが伴うのでプロである仲介業者を利用することが一般的です。 その仲介を利用すれば手数料というものが発生します。 その手数料について理解を深めて行きましょう。

不動産を売却すると発生する手数料ってなに?

不動産売買をする場合、実際はどうなのかを簡単にみてみましょう。
売買の取引では「住宅や土地の賃貸借」、「中古住宅、新築一戸建て、土地の売買」などがあります。

仲介業者(不動産会社)は何をするのかといえば、土地や住宅の売買や賃貸借の取引になりますが、売主と買主の仲介に入り双方の意見の調整、事務手続き行うのです。
売買に関わる行為の末、成功することで仲介手数料として報酬を得る事になります。
成功報酬ですので、売買契約が成立しないと仲介手数料も発生しません。
但し、売り主から直接買われると手数料は必要ないのです。

この仲介手数料には算出法があり、業者が法外な手数料を得られないよう法律で、上限額を設定「売買代金の3%+6万円+消費税」と定めてます。
売買額で算出に相違があり、前述した式は売買代金が400万円を超える場合に適用するものです。
賃貸借の売買では、貸主と借主が支払う手数料の合計額を上限に「家賃の1カ月分+消費税」として定めてもいます。

400万円以下だと算出法として、200~400万が4%+2万、200万円以下が5%となり不動産業界では一般的な算出法(算出式)になっています(法律なので厳守前提)。
因みに、+6万や+2万が加算されているのが気になると思います。
これには差額調整という名目になっています。
差額調整っていったいなんだという疑問が沸いてくると思います。
額毎に3つの計算式があるのですが一つと考えるところに差額調整の意味があります。

この仲介手数料は、宅建業法によって定められ法律になります。
原則、どの仲介業者を利用しても手数料の料金はこの計算で算出された額を超えることはなく、手数料の上限としての意味を持っています。

このように仲介手数料は算出法で上限を定めているので、それより低くい額であれば全く問題はなく、中には0円にする仲介業者も存在しています。

手数料がかかる理由とはなんでしょうか?

売買価格により数十万~数百万となる仲介手数料、支払う意味はどこにあるか? 手数料には次のようなことを含んでいます。 ・自社の取り扱う顧客への紹介 ・不動産を売買するための広報営業活動 ・販売価格の計算、その土地の相場などの調査 ・広告媒体を選択し宣伝と購入希望者を募る ・売買活動全ての諸経費、成功報酬

仲介手数料を節約するために何を注意すべきか?

ご自身の不動尊を売却して、利益を得たり住替えの資金にしたりと用途は様々ですが、数千万の取引となると仲介手数料も数百万に達することも少なくないのです。 仲介業者による手数料を減額などは大きな意味をもってきます。 手数料を抑えられ満足いく売買を考えてみることにします。

Topへ
戻る▲