そうだったのか仲介手数料の算出法と現実

この記事をシェアする

仲介手数料はこうして算出します!

調整額の+2万と+6万ってどんな理由?

3種類の計算式、200万以下は5%、200~400万が4%+2万、400万を超えると3%+6万となります。
これに消費税が加算されます。
200万以上では調整額で発生しますが次の例となります。

仮に、500万円で売買が成立したとします。
500万なので算出式で500万×3%+6万+消費税になりますが説明上、消費税を除外すると21万の手数料となるのです。
この6万の加算額(調整額)は、こうした根拠があるのです。

500万を3つの式に当てはめると、200万以下、200~400万、400万以上に分解します。
それぞれに算出式を当てみます。
200万×3%=10万
200万(200~400万範囲)×4%=8万
100万(400~500万範囲)×3%=3万
手数料は合算すると10万+8万+3万=21万となります。
500万に単純に3%としても15万となり21万に対して6万円不足になります。
これでなるほどとなったと思います。

算出法は国で定めた上限額の成功報酬です

3種類の額に応じた算出式、ザックリとした意味で理解できたのではと思います。
実際、もっと細かく端数も出てくるのでもう少し細かい数字が出てきます。
もし、興味があれば個人的に掘り下げていってください。

どちらにせよ法律で定められた上限金額であるという意味になります。
また、法律では仲介業者は店舗の見える場所に、この手数料については掲示することも定めています。

この手数料は仲介業者にとっての諸経費を拭くも報酬になります。
これ以外に費用が発生する場合は、一定の規準を満す必要があります。
どんな場合かというと・・・。
依頼者からの特別な依頼による広告費用などにかかった費用です。
・依頼者の依頼で発生した費用
・仲介業務の通常範囲では発生しない費用
・実費(実際にかかった費用)
以上の点を満たす必要がありますが、実費として手数料とは別に請求できるとしています。

特別な要求をしない限り仲介手数料に全て含まれるのです。


Topへ
戻る▲