そうだったのか仲介手数料の算出法と現実

この記事をシェアする

手数料がかかる理由とはなんでしょうか?

仲介業者の業務内容ってなに?

仲介業者は、土地建物などの売買や賃貸借に関して、両当事者の文字通り仲介に入り、売買契約や賃貸借契約の成立に向けて尽力します。
仲介業者の業務を概ね、次のようなことに区分されます。

・売買や賃貸借の相談を受けてから正式に依頼されるまでの対応
・正式な依頼後の売買や賃貸借の相手先を見つける対応
・相手先を選定し売買契約や賃貸借契約をし決済から引き渡しまでを対応

特に仲介業者は、一番慎重で力を尽くすことに当事者の不安やトラブルを防ぐことと、相手先を選定することに多くの時間と尽力を費やすことになります。
最終的には、売買契約の事務的な手続きなどを明確にして、売買契約が厳格に履行できるようための対応をしていくのです。

また、私の経験ですが新聞などに広告を展開したり、興味のある人の所へ出向いたりと、売買に関係する手立てをします。
単に両者の契約仲介だけと単純な内容ではないので手数料の額にも納得する点はでてきます。

仲介業者利用のメリットってなに?

仲介業者利用の利点については次のようなことがあり、もし、仮に全てのことを個人的にできるとしたら利用せずにご自身で売買活動をすることができるのです。

・権利関係の調査対応
・法律規制などの調査対応
・価格(賃料)の妥当性を考慮して対応
・取引の相手を見つける手段と対応
・取引条件を厳格に決める対応
・契約成立までのトラブルや損害発生時の対応
・銀行間取り引きの対応

仲介業者であれば全てに対応をして売買契約に結びつけていきます。
特に、調査や価格の妥当性調査、取引条件などは専門知識や不動産取引の豊富な経験と自社の有するネットワークが必要不可欠なので、不動産取引の知識や経験の乏しい我々にとって、失敗できない売買行為には手数料はかかっても仲介業者利用のメリットはとても大きな意味になってくるのです。
あとは、仲介業者との交渉でどのように手数料額を調整できるかだといえます。


Topへ
戻る▲