そうだったのか仲介手数料の算出法と現実

この記事をシェアする

仲介手数料を節約するために何を注意すべきか?

仲介業者の手数料割引もあるのか

仲介手数料の算出法では、上限であるということを説明しました。
では、常に仲介手数料はその計算法で算出した額になるのかといえば、そうとも限りません。
インターネットなどで仲介業者を検索していると手数料が0円などと提示しているところもあります。
実は、手数料の有無は次のような取引様態によって、発生有無があるのです。

不動産会社、仲介業者の立場によるものなのです。
業者が売り主であった場合、手数料は発生しません。
代理である場合、売り主にかわって売買をしますので手数料は発生しますが、売り主との調整で手数料の減額や0円にすることが可能になります。
仲介は、売主と買主の間には行って交渉をしていきますので、手数料の発生は必然となります。

ご自宅を売買するのであれば仲介という様態になるので手数料は発生してしまいますが、キャンペーンなどで手数料割引や商品券贈呈などのサービスを利用するとお手数料減額に相当したりします。

仲介業者を知って手数料を知る

不動産関係は大きな額も動くので手数料といっても大きくなります。
ここでは仲介業者の手数料について、法的に上限を設ける意味で算出法が存在することを知ることができたと思います。
あくまで手数料の算出法は、業者が法外な手数料を得てしまうことを抑制する意味で定められたものであり、必ずしも算出法でだされた額が手数料となるとは限らないことを覚えておくと良いと思います。

仲介業者も数多くあり、売主と買主の間に立って両者を結びつけることをしてくれます。
このような場合売主と買主から手数料を得られることから、一方からの手数料を得ることで、もう一方の手数料を減額したりしてくれることもあります。
仲介業者との相談から交渉などで手数料などについても調整はできる余地はあるので手数料の基本を知っておくことが滞背だと思います。


Topへ
戻る▲